空調設備の重要性

空調設備の工事を行う時の注意点

化学薬品を取り扱っている工場では、局所排気ダクトの設置が必要です。局所排気ダクトを設置しないと、有害物質が工場内に充満しますので、作業員の健康を損ねる原因になります。 最近では、化学薬品を使用する印刷会社で、局所排気ダクトを設置していなかったため、作業員が胆管がんで死亡するという労災事故が発生しています。このような労災事故を防ぐためにも、局所排気ダクトの設置が不可欠です。 工場内に空調設備を設置するには、安全な施工を行う、信頼できる設備会社に工事を依頼することが必要です。設計から施工、メンテナンスまでを一貫して行っている設備会社であれば、設置後も安心です。労働基準監督署への提出書類の作成も、代行してもらえます。

空調設備やダクト工事の豆知識

どのような建築物であっても、空調設備が必要になります。建築物に空調設備を設置することによって、換気や冷暖房を適切に行うことができます。建物の規模が大きくなるほど、空調設備はとても大切になります。 飲食店の厨房には、厨房ダクトが設置されています。厨房ダクトを設置することにより、厨房内の煙を外に排出することができ、厨房内の環境を改善できます。 ダクト内には、油やホコリが付着します。そのまま放置しておくと、火災の原因になるため、定期的に掃除を行うことが必要です。 厨房ダクトの掃除は、ダクト掃除の専門業者に依頼すると、配管の内部を隅々まで綺麗に、掃除をしてもらうことができます。配管の内部を掃除することによって、厨房火災を防ぐことができます。